中古ノートパソコンのアウトレットを購入する場合

Windows8のノートパソコンが非常に普及していますが、まだまだWindows7もサポートが続いており、OSが旧モデルになったことで中古市場でWindows7をOSを搭載したアウトレットの中古ノートパソコンは非常に安く販売されています。WindowsXPからWindowsVistaに移行した際にはその使用感が大きく変わったため戸惑いも多く、市場では不評でした。しかしその後WindowsVistaを改良したWindows7をリリースしたため市場では主としてWindows7を使用している人が多く、WindowsVistaはWindowsXPほどの普及は見せずに終わっています。そのため、Windows7はアウトレットパソコンのOSとしてはいまだ人気が高く、また売れ筋のOSでもあります。WindowsXPはITが普及し始めたころに発売されたモデルで、WindowsXPはIT企業やベンチャーを引き込み、その普及率を高くしてきました。しかし、Windowsは最近サポートが中止され、ウィルスに感染することの対応が全くできなくなってしまいました。その為、現在サポートを受けられるOSはWindowsVista以降のOSに限られています。そのためWindows7が加速度的に普及することで、今までWindowsXPを使用していたところがWindows7に切り替えるようになるのです。さらにWindows7を搭載した中古ノートパソコンの魅力は、Windows8に対してタッチパネルの操作感以外にはさほど変化点や拡張点はなく、デスクトップデザインが変更されている以外はさほど大きな変更点が無いため、Windows7で事足りるというユーザーが多いこともあげられます。中古ノートパソコンを取り扱うこのサイトでは、Windows7を搭載したパソコンを多数取り扱っています。Windows7は前述のとおりまだまだサポートが続いているので安心して使用できるOSであり、またPC自体も様々なメーカーの物が多数揃っているため、まるで新品を購入するかのような感覚で選ぶことができます。Windows7は最新型のWindows8と操作感が非常に似ているため、Windows7でも十分に使用できます。価格が安いのも大きな魅力で、約2万程度より購入できますので、自分の二台目のパソコンとしては最適の条件となっています。このほかにもたくさんのアウトレットのWindowsのノートパソコンが多数あるため、企業などには受け入れられるでしょう。