インターネット通販で中古ノートパソコンを購入する場合

中古ノートパソコンをインターネットの通信販売で購入する場合に必ずチェックしておきたいのは、付属品の有無です。なぜかというと、相場と比べると格安の値段が出ている中古ノートパソコンの場合、致命的ではないものの不具合があるという場合、それと付属品が欠品していることがあるからです。特に大事なのが、OSディスクとドライバーディスクが付いているかどうかです。OSは基本ソフトと呼ばれ、これがインストールされていないとパソコンは動作しません。もし、インストールされておらず、ディスクもないということであれば、OSは購入者が用意する必要があります。なので、OSがない中古ノートパソコンを利用する場合は、ノートパソコンの料金だけではなくOSを用意する費用もかかるわけです。また、ドライバーディスクがない場合ですが、インターネットを通じてパソコンメーカーのホームページからダウンロードして入手出来る場合もあります。しかし、メーカーから購入しないと手に入らないことがあります。ドライバーがない場合、パソコンに備わっている一部の機能を使えないことがあるので、完全な状態でパソコンを使いたいのであればドライバーディスクは必ず入手しなければなりません。ただ、もしOSもドライバーディスクも既に持っているという場合、それらが欠品しているために格安になっているノートパソコンは非常にお買い得品になる可能性があります。利用していないOSを持っている場合に確認しなければならないのは、そのOSが購入しようとしているノートパソコンで動作するかどうかです。これについては、パソコンの型番を調べてインターネットで検索するといいでしょう。するとメーカーのサイトにある商品ページにアクセスすることが出来て、そこでもともとどんなOSがインストールされていたのかがわかります。それと一緒であればインストールは可能ですし、また、そのOSよりも新しいOSであっても、インストール出来る場合があります。ただ、名前がまったく違うOSの場合はインストール出来ない可能性があります。また、既に持っているパソコンで利用しているOSのディスクをそのまま利用するというのは基本的に出来ないので注意が必要です。というのは、現在のOSにはライセンス認証という仕組みがあり、複数のパソコンに一枚のOSディスクをそれぞれインストールするということが出来なくなっているからです。